HOME>イチオシ情報>続けていかなければマスターすることは難しい

自分に合っていれば続けられる

先生と生徒

英会話を上達させたいのなら、方法がいくつもあるので、それらを比較して続けられるものを選びましょう。二ヶ月や三ヶ月で英会話をマスターできるのは、天才くらいなので、そうでなければ二年や三年は勉強を続けると考えたほうが無難です。それほど長い間続けなければいけないのですから、楽しく学べるものを選定しなければ、挫折して英会話をマスターできない確率が高くなってしまいます。もちろん、いろいろと比較をして最初に選んだ方法を、二年や三年ずっと続ける必要はありません。さらによい方法が見つかったのなら、乗り換えてそちらを続けていくのも英会話をマスターするための道だといえるでしょう。ただし、飽きたからといってやめるのではなく、物足りなくなってからやめるのがとても大切です。飽きたからやめるのでは、やめ癖がついてしまうので、選んだ方法は一定の期間は頑張ることをおすすめします。

初心者は初心者向けの参考書を使おう

アルファベット

中学英語もすっかりと忘れてしまったような状況ならば、英会話の本格的な勉強を始めるまえに、基本的な勉強を行うようにしましょう。中学一年で習うような基本中の基本が理解できない状態では、どの方法を利用したとしても続けていけない可能性が高いからです。本屋を訪れれば、初心者向けに書かれた比較的薄い参考書が売られているので購入をおすすめします。分からないことが多すぎるのなら、大人向けではなく、思い切って中学生向けとして販売されている参考書の購入も考えましょう。基本的な知識を身につけられたときは、そのまま書籍で勉強するのもよいですし、英会話スクールにてコミュニケーションを取りながら習うのもよいです。もしも、すでに何かしらの教材を購入していて、分からなくて挫折していたのなら、基本知識を身につけた今度こそはスムーズに勉強できるかもしれません。

広告募集中